FAQ

国分町の「昭和」姿消す 仙台・七福通りの長屋、最後の飲食店解体

 仙台市青葉区の国分町通から西に延びる「七福通り」に、飲食店が軒を連ねる長屋があった。その最後の1軒が取り壊される。約半世紀、のれんを守ってきた男性店主が急逝。閉店し、老朽化もあって解体が決まった。昭和の名残がまた一つ姿を消す。

 時間貸し駐車場の傍らにあった「奥州仙台湾船頭料理 太公望」。「仕事の付…

残り 525文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ


企画特集

先頭に戻る