閉じる

「青森サーモン」すくすく成長、どんどん出荷 初めて1000トン突破

 トラウトサーモン(ニジマス)の大規模養殖が青森県の日本海沿岸で行われている。養殖を手掛ける日本サーモンファーム(同県深浦町)の年間出荷量は今年初めて1000トンを突破。国内初となる屋外循環式の稚魚育成施設を整備するなど、ふ化から中間育成、出荷まで一貫生産をグループ企業で実現しており、将来的には年間…

残り 540文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより