閉じる

県民の不安に「結果で示す」 水道みやぎ、運営2企業代表に聞く

 上下水道と工業用水の20年間の運営権を民間に一括売却する宮城県の「みやぎ型管理運営方式」で、運営権を持つ特別目的会社の酒井雅史社長と、実務を担う維持管理会社の安東武智社長が14日、河北新報社のインタビューに応じた。来年4月の開始に向け、万全の体制を構築すると強調。長期の民間委託に対する県民の不安に…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ