ハクチョウ続々飛来 仙台で羽休め<歳末いろ撮りどり>

 甲高い鳴き声とともに白い翼を広げ、朝焼けの空へと舞い上がっていく。

 「冬の使者」ハクチョウが、仙台市内に続々飛来している。11月に行った宮城県の調査では20羽ほどだったが、12月に入って寒さが増して一気に数が増加。14日早朝、若林区荒井の大沼では数百羽が越冬のため羽を休めていた。

 仙台市内有数の飛…

残り 245文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ