「近代クリスマス発祥の地」でライトアップ 秋田の小坂鉱山事務所

イルミネーションで彩られた小坂鉱山事務所

 明治時代に栄えた鉱山町のシンボルが夜空に浮かび上がる。秋田県小坂町にある国重要文化財「小坂鉱山事務所」。クリスマスに合わせてライトアップされている。

 明治初期、小坂鉱山に技術指導に訪れたドイツ人が日本でキリスト教解禁後、初めてクリスマス行事を開いたことから、同町は「近代クリスマス発祥の地」をPR。実行委が2013年から開催し、約5万5000個の電球が周囲を彩る。

 事務所は現在、資料館として活用されている。会場周辺に露店が並ぶクリスマスマーケットは、新型コロナウイルス禍で2年連続中止になった。「来年こそ冬の風物詩として小坂を盛り上げたい」と担当者。平穏な日々を聖夜に願う。

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る