感染者が利用した飲食店名公表 宮城県、来店者に連絡を呼び掛け

宮城県庁舎

 宮城県は7日、これまでに公表した新型コロナウイルスの感染者が利用した大崎市古川駅前大通2丁目の酒類提供飲食店「魚民 古川駅前店」の店名を公表した。一部の接触者を特定できない恐れがあるという。

 昨年12月31日午後10時~1月1日午前5時の来店者に、受診・相談センター=022(398)9211、24時間対応=へ連絡するよう呼び掛けている。県によると、店は基本的な感染対策は講じていた。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る