迫る共通テスト、受験生の「救済」に悩む大学 コロナ感染急拡大

 新型コロナウイルスの影響で大学入学共通テストを受けられない受験生の救済方針に、東北各地の大学で困惑が広がる。感染が急拡大するオミクロン株への対策に、受験生の公平性確保や別の選抜方式の検討などが加わった。本番目前になって複雑化した問題の「正解」探しに頭を悩ませる。

公平性確保できるか

 文部科学省は11日、コロナに感染したり濃厚接触者になるなどした共通テスト未受験者に関し、2次試験などの個別試験のみで合否判定を認めるなどの救済策を各大学に通知した。

 共通テストは15、16日に実施される。「もっと早く言ってほしかった」。山形大の担当職員は本番間近の通知に不満を示す。同大は昨年、コロナによる未受験者がおらず、救済策は全くの想定外。「最善を尽くすしかない」と口調に悲壮感が漂う。

 東北唯一の教員養成系単科大の宮城教育大でも「昨夜メールで通知が来たばかり」と担当職員が嘆息。秋田大は「今後対応を検討する」(入試課)と戸惑う。

 国公立大の多くは共通テストと2次試験など個別試験の結果を総合して合否判定する。個別試験より共通テストの比重が高い大学では、混乱に拍車が掛かる。

 個別試験が1、2科目にとどまる学部が多い福島大の担当職員は「2次試験のみの合否判定で公平性が保てるのか、率直に疑問だ」と、文科省の方針に首をかしげる。

 全学部の前後期とも共通テストを利用する弘前大の担当職員は「共通テストの結果を考慮しない合否判定は考えられない」と言い切る。共通テストの配点比率が50~92%と他大に比べ高く、「不公平がないよう、新たな基準を設けるのは容易でない」と悩む。

 影響は私大にも及ぶ。東北学院大は個別入試とは別に、全学部で共通テストのみで合否判定する選抜方法を採用。共通テストを受けられなかったとしても「入学への窓口は確保する」として、近くウェブサイトで対応方針を公表する。

抜け道対策も課題に

 文科省の救済策では、受験生にコロナ感染などの診断書の提出を求め、入手困難なら自己申告も認めるとした。うその申告で共通テストを回避する「抜け道」になる恐れもあるが、岩手大の担当職員は「不正行為が発覚した場合は要項に基づき対処する」と話す。

 志願者数が東北で最多の東北大。入試担当の教員は「(コロナ以外の)他の理由で受けられなかった受験生が『不公平だ』と受け止めかねない。直前の変更は受験生全体に動揺を与えるし、予期しないアクシデントやミスが起きやすくなる」と不安を募らせる。

座席の間隔を空けて共通テストに臨む受験生=昨年1月30日、仙台市青葉区の東北大川内北キャンパス

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る