松島湾の早採りワカメ、収穫最盛期に痛手 トンガ沖噴火で津波注意報

津波の被害を受けた養殖施設のワカメを引き上げる赤間さん=16日午後3時30分ごろ、塩釜市の松島湾

 南太平洋・トンガ沖噴火に伴う津波注意報が解除された16日午後、宮城県の松島湾でワカメ養殖を手掛ける赤間広志さん(73)=塩釜市=は、養殖施設の被害状況を確認するため船を出した。記者が同乗すると、普段は整然と列をなして並ぶ浮き玉が、変わり果てた姿を見せた。(塩釜支局・高橋公彦)

ロープ絡まり、浮き玉密集…漁師落胆

 漁港を出港すると数分で養殖施設が広がる海域に到着。施設は、大きなS字を描いて蛇行したり、ロープが絡まって浮き玉が密集したりしていた。

 ワカメの収穫期は一般的に3、4月だが、松島湾は水温変動が緩やかで生育が良く、12月に刈り取りが始まる「早採りワカメ」として知られ、収穫が最盛期を迎えていた。

 散乱するロープや浮き玉の下にある海はワカメで黒々とした色をしている。赤間さんは「生産は順調で、今が一番伸びている状態。いいワカメなのにもったいない」と嘆く。

 赤間さんの養殖施設は約60本のうち半分程度が残った。1本のロープの長さは約50メートルで、両端に付けたくいなどを海底に打ち込んで固定していたが、津波で流されたとみられる。

 ロープが絡まるとワカメを傷つけて売り物にならなくなるほか、漁船の小型クレーンで引き揚げて行う収穫作業もしにくくなる。赤間さんは「大部分は処分するしかない」と語る。

 しかし、1本当たり長さ1・5メートルほどに成長しているワカメは重く、単独での作業はできない。赤間さんは周辺で状況を確認する漁師仲間と言葉を交わし「浮き玉を外したら、後の作業は業者に頼むしかない」と話した。

 未明の津波注意報で脳裏に浮かんだのは11年前のチリ大地震津波。「施設が全部駄目になり、同じことになるかともんもんとしていた」と打ち明けた。「松島湾では今回は残った施設もある。生産者側は、くいではなくアンカーを使うなど津波対応の強化策を検討するべきだ」。東日本大震災も乗り越えた海の男は再び前を見据えた。

養殖いかだ、岩手も影響

 潮位変化の影響で岩手県陸前高田市小友町の広田湾では16日、カキの養殖いかだが10枚ほどずれ動いた。水中でロープが絡み合っているとみられる。沖に出ることができず、いかだの所有者や被害の程度の確認は17日以降になるという。

 高台から双眼鏡で眺めた生産者の千田勝治さん(73)は「カキが落ちていれば出荷できず、生産者としては痛手。潮の流れが落ち着くまで近づくこともできない。影響は最小限と信じたい」と話した。

 岩手県山田町の三陸やまだ漁協によると、山田湾の大沢地区でカキやホタテの養殖いかだ約20枚のアンカーが緩み、隣のいかだと衝突した。被害の有無は17日朝、船を出して調査する。

 宮古市重茂地区では16日に予定していた「重茂早採りわかめ『春いちばん』まつり」が中止になった。

散乱したワカメ養殖施設を確認する=16日午後3時30分ごろ、塩釜市の松島湾

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る