仙台港アウトレットにスケートリンク 28日、期間限定で開設

 三井不動産商業マネジメント(東京)が運営する仙台市宮城野区の商業施設「三井アウトレットパーク仙台港」に28日、屋外アイススケートリンクがオープンする。2月27日まで。

駐車場に特設されたアイススケートリンク

うみの杜水族館と連携

 観覧車近くのバス駐車場に、18メートル四方のリンクを10日間かけて設置。日本フィギュアスケート発祥の地とされる仙台でのウインタースポーツ振興や、新型コロナウイルス禍でさまざまな制約を受けている子どもたちに体を動かせる場を提供しようと初めて企画した。

 期間中の毎週水曜日には、アイスリンク仙台(泉区)で活動するコーチや選手が無料アドバイスを実施。近隣の「仙台うみの杜水族館」と連携し、ペンギンが訪れるイベント(2月11日)や水族館年間パスポートでの料金割引もある。

 三井アウトレットパーク仙台港の中村仁美所長は「スケートや買い物を楽しんでもらい、仙台港エリアを盛り上げたい」と話す。

 料金は貸し靴代を含めて大人1300円、学生1000円、小学生以下700円。平日午後5時以降は一律200円引きとなる。営業は平日午後1~7時、土日祝日午前11時~午後7時。来場時はマスクと手袋を着用する。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る