宮城497人、3日連続最多 大学などクラスター8件 新型コロナ(27日)

 宮城県と仙台市は27日、10歳未満~90代の497人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。26日の496人を上回り、3日連続で過去最多を更新。宿泊療養者、自宅療養者も最多となった。35人の感染が判明した富谷市の保育施設など8件のクラスター(感染者集団)が発生した。

 新規感染者の内訳は仙台市327人、石巻市29人、多賀城市と大崎市が各16人、白石市と柴田町が各12人など。現時点で337人(67・8%)の感染経路が分からない。

 新たなクラスターは、他に柴田町の食料品製造業の施設(感染判明19人)と大学(26人)、東松島市の中学校(16人)、気仙沼市の高校(20人)、仙台市の障害福祉施設(12人)、市立小学校(13人)、保育施設(8人)で発生した。

 午後1時時点の療養者は2252人。内訳は入院95人、宿泊療養870人、自宅療養702人など。重症者は2人。確保病床(510床)の使用率は18・6%に上昇し、うち仙台医療圏(329床)は23・1%が埋まった。

 累計感染者は1万9606人(仙台市は1万2223人)。1万6909人が退院・療養解除となった。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る