FAQ

<撮れたて とうほく食紀行>雪のような小野川豆もやし、温泉水が育む/米沢

 午前5時、温泉の硫黄が香る小屋の中、暗い白熱球頼みで作業する。

 床を覆うわらをどかすと、もうもうと湯煙が昇った。黄色い豆の束を引き抜く。豆の下から、雪のように白いモヤシが現れた。

 山形県米沢市西部の豪雪地帯にある小野川温泉。豊富な温泉水を利用して育てる「小野川豆もやし」の収穫作業が最盛期を迎えた。…

残り 238文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

企画特集

先頭に戻る