日本語教育の人材育成で連携 岩手、秋田、山形3県の国公立大など

連携協定を結んだ岩手、秋田、山形3県の関係者

 増加する外国人労働者らへの日本語教育の質を確保しようと、岩手、秋田、山形3県の国公立大など7団体が28日、専門人材の養成を図る「なか東北連携」を発足させた。日本語教員の人材不足が共通課題である3県が、養成課程を持つ各大学の資源を生かし、外国人受け入れ体制の充実につなげる。

 協定締結式が同日、山形大(山形市)を主会場にオンラインであり、同大と岩手大、国際教養大(秋田市)、各県の国際交流協会と山形市のNPO法人「ヤマガタヤポニカ」が参加した。

 今後は共通カリキュラムの下、3大学の講師陣らによるオンライン講座や、各地での対面実習を行う。実習を終えた受講者に修了証を発行して能力を担保し、各地の人材バンクや日本語教員の団体に登録してもらう予定だ。

 3県では技能実習生の増加が見込まれる一方、日本語教育をボランティアに依存しており、高齢化や質の確保が課題となっている。各県単独の取り組みには限界があるため、協力して課題解決を目指す。

 山形大の三上英司学士課程基盤教育機構長は「3県の真の国際化を進める第一歩になる」と話した。

「やさしい日本語」でニュースを伝える河北新報社のウェブサイト
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る