FAQ

カフェが秋田・山形の架け橋に 湯沢の企業、県境越えて販路拡大

 カフェが二つの地域をつないだ。山形市の「アンドマークカフェ」は3月から秋田県湯沢市の産品を販売。自社ブランド「アンドマークテーブル」の名で、果物のジャムやかりんとう、山菜のドレッシングを扱う。

 山形ではなじみの薄い商品。一角に設けた販売ブースでは珍しそうに手に取る来店客もいるという。カフェの運営会…

残り 266文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る