阿武隈急行 丸森-槻木間で再開

車掌の合図で丸森駅を出発する始発列車=18日午前5時10分ごろ、宮城県丸森町舘矢間

 宮城、福島両県で最大震度6強を観測した3月16日の地震で、全線運休していた第三セクター鉄道の阿武隈急行(福島県伊達市)が18日、丸森(宮城県丸森町)―槻木(同県柴田町)の運行を再開した。当面は通勤・通学時間帯の朝夕のみの運行となるが、約1カ月ぶりの鉄路復活で沿線には日常が戻った。

1カ月ぶり 沿線に日常

 午前5時9分に丸森駅から乗客1人を乗せた始発列車が出発。同5時46分発の次発列車に乗って槻木駅まで通勤した会社員武藤広樹さん(27)は、運休中は代替バスを利用した。「バスが発車する時間では始業に間に合わず、会社に始業時間を変えてもらっていた。再開はうれしい」と笑顔で語った。

 阿武急は地震の影響で、ホームや橋桁など115カ所に被害を受けた。同社は、被害が比較的小さく、利用客の多い丸森―槻木の復旧を優先。当初予定の今月末再開を前倒しさせた。

 24日までは朝夕上下12本ずつの臨時ダイヤで運行。25~28日は仙台直通列車を除いて通常ダイヤになり、朝は上下14本、夕方は上下22本運行する。29日に終日通常ダイヤに戻る。

 梁川(伊達市)―丸森は25日に運転再開する。被害が大きい福島(福島市)―梁川は5月末までの運休を見込んでいる。

 同社の担当者は「本数も少なく、復旧に時間を要して不便をおかけした。福島―梁川も早期再開に努めたい」と話した。

菜の花畑の脇を通り丸森駅へ向かう阿武隈急行の列車=18日午前9時5分ごろ、角田市花島
丸森駅(後方)を出発し槻木駅へ向かう阿武隈急行の列車を上方から=18日午前5時46分、宮城県丸森町舘矢間

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る