仙台・霊屋下にクマ出没 体長1メートルほど、市が注意呼び掛け

クマ

 仙台市は26日、青葉区の霊屋下地区でクマの目撃情報があったと発表した。同地区では21日と24日にも目撃情報があり、市は付近の小中学校、町内会に注意を呼びかけた。

 市によると、26日午後4時20分ごろ、経ケ峯公園南西の山林で体長1メートルほどのクマを住民が見つけて110番した。同地区では21日に広瀬川河川敷で1頭、24日に山林で2頭が目撃されている。

 市環境共生課は「クマは朝と夕方に活発に行動する。決して近づかないでほしい」と話した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る