国際学会の発表コンテストで最優秀賞 岩手大院生、猫のマタタビ反応研究

 ネコがマタタビをなめたり、体にこすり付けたりする反応を研究する岩手大大学院生の上野山怜子さん(24)が、米国最大規模の国際学会の「ポスターコンテスト」で最優秀賞に輝いた。研究概要をまとめた1枚の大判ポスターを使って研究力と発表力を競うコンテスト。マタタビに含まれる成分でネコが蚊から身を守るとした研究発表が評価された。

花瓶に入れたマタタビを前に、米科学振興協会から授与された最優秀賞の盾を手にする上野山さん

 米科学振興協会(AAAS)が主催する学生ポスターコンテスト生化学・分子生物学の大学院生部門で受賞した。それぞれオンラインで実施されたポスター審査、今年1月の口頭発表による最終審査で高い評価を得た。

 上野山さんはマタタビの葉から抽出した化学物質「ネペタラクトール」が、蚊を寄せ付けないことや多幸感に関係するネコの神経系を活性化させることを説明。ネコがマタタビをかんだり、なめたりする意義にも触れた。

 研究は同大農学部応用生物化学科の宮崎雅雄教授や他大学との共同で進めた。宮崎教授によると、過去10年、このコンテストで最優秀賞を受賞した日本人学生はいないという。

 岩手大で2日、記者会見があり、上野山さんは「大変光栄。これまで指導していただいた宮崎先生やスタッフ、全ての方々の支えのおかげ」と喜びを語った。コンテストに向け、得意ではないという英語を練習し、発表の準備を重ねた苦労も明かした。

きっかけは小学校時代に飼っていた猫

 小学校時代に飼っていたネコの行動に興味を持ったのが、研究を始めたきっかけ。将来、蚊や害虫の忌避剤開発につながる期待を抱く。受賞結果は3月発行の米科学誌サイエンスでも紹介された。4月からは同大院連合農学研究科博士課程に在籍し研究を続ける。

 上野山さんは「なぜネコ科動物だけがマタタビに反応するのかの疑問を解決するため、マタタビ反応が起きるメカニズムを明らかにしていきたい」と目標を語った。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る