閉じる

「病院BCP」広がらず 震災関連死に迫る・第4部(2)

 <もし、十分な栄養状態で、十分な暖房があり、平常時のように搬送できていたら、患者は救命できていたと思われる>
 東日本大震災で関連死と認められた石巻市の多田文子さん(仮名、当時87歳)は発災当時、アルツハイマー病で市内の病院に入院中だった。医療記録からは、死に結び付いたライフラインの途絶が浮かび上が…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

ライブカメラ