閉じる

事例分析に遺訓生かす 震災関連死に迫る・第4部(完)

 東日本大震災の3カ月半後、49歳だった石巻市の男性は突然、致死性不整脈で命を落とした。

 記録をひもとくと、避難所や親戚宅を転々としながら、津波で1階天井まで浸水した自宅の修繕に走り回っていた。亡くなる約2カ月前は中等度の高血圧。生活環境の変化で持病が悪化した可能性がうかがえた。

 「死因から背景をさ…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

ライブカメラ