FAQ

コロナ後遺症、7割は20~50代 山形県が初調査 「半年以上継続」3割

 山形県は16日、新型コロナウイルス後遺症の実態調査の結果を公表した。県内で症状を訴えた全体の7割を20~50代の「現役世代」が占め、症状が半年以上継続したという回答も3割あった。県による実態調査は初めて。

 4月18日~5月30日、県内の655医療機関を対象にアンケートを行い、89機関から75人分(…

残り 348文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る