30日の電力逼迫注意報見送り 東北電管内、需給見通し改善で

(写真はイメージです)

 東北電力と東北電力ネットワーク(仙台市)は29日、管内での30日の電力需給逼迫(ひっぱく)注意報について、発令が見送られたと発表した。需要に対する供給余力を示す予備率が、注意報発令の基準となる5%を上回る見通しになったため。

 両社によると、28日に4・9%と想定した30日の予備率が、29日には10・5%に改善。最高気温が予想より低く冷房使用が減りそうなことや、卸電力市場での調達に努め供給力を増したことが主な要因という。

 両社は、30日に気温が上がり予備率が5%を切る恐れがあるとして「需給逼迫準備情報」を28日発表。無理のない範囲での節電を呼びかけていた。需給見通しが改善しない場合、経済産業省は29日、予備率が3~5%なら需給逼迫注意報、3%未満の場合には警報を出す予定だった。

 7月1日は予備率が5%を上回る見込みのため、両社は準備情報を出さなかった。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る