コロナ雇調金7847万円不正受給 マッサージ店・整骨院経営の「Green―Room」

宮城労働局

 宮城労働局は4日、宮城県や岩手県などでマッサージ店や整骨院を営む「Green―Room」(仙台市青葉区)が新型コロナウイルス対策の雇用調整助成金計7847万円を不正受給していたと発表した。

 労働局によると、同社の事業主が2020年3月~21年5月、出勤していた従業員を休業としたり、行っていない教育訓練を受けたりしたとする虚偽申請で助成金を受給した。

 労働局の訪問調査で発覚した。5月2日に支給決定が取り消されたが今月4日現在、一部しか返還されていない。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る