閉じる

展示改善いまだ不十分、旧校舎の劣化対策も急務 震災遺構「大川小」一般公開から1年

 東日本大震災の津波で児童・教職員計84人が犠牲になった宮城県石巻市の震災遺構「大川小」が、一般公開されてから18日で1年になる。学校管理下で戦後最悪とされる事故と震災の教訓を伝え、来訪者が絶えないが、当初の課題だった展示の不十分さは改善されていない。旧校舎の劣化も進み、対策が急がれる。(石巻総局・…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

ライブカメラ