閉じる

仙台沿岸の津波被災地、広がる復興格差 現地再建地区の世帯数激減、荒廃続く

 仙台市沿岸の東日本大震災の津波被災地で「復興格差」が広がっている。現地再建となった若林区井土地区の世帯数は震災前の1割に減り、住宅跡地は荒廃したまま。一方、市が災害危険区域として土地を買い上げた防災集団移転跡地は、観光農園や複合施設の整備が進む。被災から11年4カ月が過ぎ、小集落は取り残されたかの…

残り 1451文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集