FAQ

コロナ禍、困窮深まる母子家庭 「子ども宅食」の申し込み増加 NPO調査

 フリースクールや子ども食堂などを運営する福島県会津若松市の特定NPO法人「寺子屋方丈舎」が、母子家庭などに無料で食料品を配る「子ども宅食」の利用者を対象に行ったアンケートで、新型コロナウイルス禍によって困窮がより深まっている現状が浮かび上がった。実際、子ども宅食などの申し込みも増えており、法人は運…

残り 611文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る