<防災士記者 新・備えのコンパス(2)>避難は水があふれる前に

 この夏、東北各地で大雨が降り、広範囲が浸水しました。身の危険を感じるほどの雨を体感した方も多かったと思います。

 大人でも膝元まで水に漬かると、水圧で歩くのが難しくなります。流れが速ければ、浅くても足をすくわれ、流されてしまうかもしれません。大雨が予想されるときは、最新の気象情報をこまめに確認し、浸水前に避難を済ませましょう。

 移動中にやむなく水に漬かった場合は、傘やつえで濁った水を突き、側溝やふたが外れたマンホールといった危険がないか、確認しながら進んでください。長靴は水が入ると動きにくくなるので、万が一に備えてスニーカーを。流れてくる物でけがをしないよう、長袖長ズボンを着ましょう。

 水があふれる中、避難するのは危険です。水から離れ、少しでも高いところへ移動し、救助を待ってください。

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ