閉じる

避難の夜、親子で体験 仙台・折立小で防災キャンプ 水くみや火おこしに挑戦

 仙台市青葉区の折立小(児童300人)で24、25日、児童と保護者が学校に泊まり込み、災害時の避難生活を体験するキャンプがあった。同校PTAの「親父( おやじ )の会」が主催し、17組の親子が参加。キャンプを通して必要な備えを学び、自助や共助の意識を高めた。

 災害が発生し、水や電気などライフラインが…

残り 570文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

いのちと地域を守る
わがこと 防災・減災 Wagakoto disaster prevention and reduction

指さし会話シート
ダウンロード

 第97回むすび塾での聴覚障害者や支援者の意見を基にリニューアルしました。自由にダウンロードしてお使いください。

指さし会話シート
みやぎ防災・減災円卓会議

ライブカメラ