閉じる

人は忘れる生き物 繰り返し語る仕組み必要 気象キャスター斉田季実治さん<カリスマに聞く・チャレンジ防災士(6完)>

 防災情報の発信や著書出版を通し、災害から人々の命を守ろうと奮闘する先輩防災士がいる。NHKの気象キャスターで、宮城県が舞台となったNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」では気象考証を務めた斉田季実治さん(47)だ。情報を広く届けるための心がけや、「モネ」で描かれた「東日本大震災後の10年」について思…

残り 3161文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

震災報道若手記者PT

 東日本大震災の発生から11年。あの日を知らない若い世代が増える中で、命を守る教訓を伝え継ぐために何ができるのか。震災後に河北新報社に入社した記者たちが、読者や被災地の皆さんと一緒に考え、発信していきます。

ライブカメラ