閉じる

「新年度も頑張ります」 卒業・進級祝う会で決意 女川小中・特別支援学級

つばくろ会などの関係者から図書カードを贈られる児童、生徒

 女川町女川小・中(児童212人、生徒104人)の特別支援学級に在籍する児童、生徒の「卒業・進級を祝う会」が2月24日、同校東体育館であった。

 同学級在籍の児童6人、生徒5人のうち、欠席の生徒2人を除く9人が出席。平塚隆町教育長や、後援団体「つばくろ会」の酒井孝正会長、保護者ら約30人が見守った。

 伊藤拓巳校長が「皆さんは大きく成長した1年だったと思う。卒業、進級を心からお祝いします」とあいさつ。

 町婦人会の木村佳代子会長が「これからの活躍と成長に期待しています」とエールを送った。

 学校行事などを振り返る「1年間の思い出」と題したスライド上映の後、児童、生徒が長縄跳びや跳び箱、一輪車、歌などを披露。「新年度も頑張ります」と決意を述べる児童や、1年間の思い出、将来の夢などを語る生徒もいて、会場から大きな拍手が送られていた。

 つばくろ会などから図書カードなど記念品のプレゼントがあり、記念撮影も行われた。

関連リンク

関連タグ

最新写真特集