閉じる

野球少年からバレーの道へ 名取出身の小野寺、8強に貢献

 東京五輪バレーボール男子の日本は3日、準々決勝で前回大会金メダルのブラジルに完敗した。ミドルブロッカー小野寺太志(25)=JT広島、宮城・東北高-東海大出=は6試合全セットに先発し、サーブやブロックで奮闘。29年ぶりの8強入りに貢献した。

 目標のメダルは遠かった。「ふがいなく悔しい」。目を赤くする…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ