FAQ

選手と子育て両立しながら挑む 車いすバスケ女子の藤井

 3大会ぶりの大舞台に戻ってきた。パラリンピック東京大会の車いすバスケットボール女子で、日本代表の藤井郁美(38)=SCRATCH、宮城県角田市在住=が25日、初戦のオーストラリア戦に先発出場し、勝利に貢献した。2014年に男児が誕生。選手と子育てを両立させるチームの大黒柱は、悲願のメダル獲得に向け…

残り 457文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ


企画特集

先頭に戻る