JR大湊線、下北半島の暮らし支え100年 記念列車運行

 JR大湊線が25日、全線開通100年を迎え、記念列車が運行された。青森県の下北半島を縦断する地域の足として住民の暮らしを支えた1世紀に、鉄道ファンらが思いをはせた。

 大湊線は野辺地駅(同県野辺地町)を起点に、陸奥湾に沿って下北半島を南北に走り大湊駅(むつ市)へと至る。終点の一つ手前の下北駅(むつ市…

残り 251文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ